やまがた愛の武将隊とは

名称未設定 2.png

コンセプト

今まさに現代に蘇る戦国武将

今からおよそ四〇〇年前。豊臣秀吉の亡き後、群雄割拠の混乱した時代。歴史を彩り、戦国の世を駆け抜けた偉大な武将らが、ここ山形県に存在していた。
そして今甦る、やまがた愛の武将隊。山形県の魅力と文化を存分に伝えようぞ!

長谷堂城の合戦

長谷堂合戦図屏風(斉藤茂美氏蔵)

慶長五年(西暦1600年)
豊臣秀吉亡き後、徳川家康を総大将とする東軍と、毛利輝元を総大将とし石田三成を中心とする西軍との戦い『関ヶ原の合戦』が始まった。
そしてここ山形でも東西を分ける「慶長出羽合戦」と呼ばれるもう一つの関ヶ原『長谷堂城の合戦』という激しい戦いが繰り広げられた。

[画像:最上義光歴史記念館所蔵 長谷堂合戦図屏風(はせどうかっせんずびょうぶ)]

関ヶ原の戦いのきっかけ「直江状」

直江状

慶長五年2月、越後領主だった掘秀治が当時政権を握ろうとしていた五大老筆頭の徳川家康に、上杉景勝が会津で武備を整えて謀叛を企んでいると訴えでた。家康は兼続の旧友、西笑承兌に「謀叛の噂が流れている」として早期の上洛を勧める手紙を書かせ、景勝の重臣・直江兼続宛てに送った。
しかし、兼続はその書状に対し上洛を拒絶する返書(直江状)を送り、家康の怒りをかったとされる。その直江状が関ヶ原の戦いのきっかけともなったといわれる。

西軍<上杉軍>

西軍<上杉軍>

西軍には軍神上杉謙信の義の魂を受け継いだ、上杉家二代目当主米沢藩初代藩主上杉景勝[写真:奥左]を中心に、戦国時代屈指の智将、直江兼続[写真:前右]。兼続の盟友で天下御免の傾奇者、前田慶次[写真:前左]。 兼続の実弟で上杉の外交役、大国実頼[写真:奥右]らが活躍していた。

東軍<最上・伊達軍>

東軍<最上・伊達軍>

東軍には山形藩初代藩主、最上義光[写真:中]が先頭にたち、実弟で鉄砲隊長の楯岡光直[写真:右]らが上杉軍と激しく戦った。
また、最上義光の甥であり、米沢で生まれ育った伊達家十七代目当主仙台藩初代藩主、伊達政宗[写真:左]が同じ東軍として参戦していた。

出陣・おもてなし内容

観光PR・おもてなし

観光PR・おもてなし

大小様々なイベントで、その地域の歴史や特産物などをPRしながら、お客様をおもてなしいたします。

ステージ演武

ステージ演武

イベントのステージ上で、歴史を題材にしたストーリー仕立ての演武やダンスで、会場を盛り上げます。

武将隊イベント主催

武将隊イベント主催

全国の武将隊・観光PR隊がここ山形に一堂に会するイベントを、年に数回開催しております。

遠征出陣

遠征出陣

県内だけでなく、全国各地・海外で行われるイベントでも山形県をPRしております。

テレビ・CM出演

テレビ・CM出演

観光情報番組のナビゲーターやケーブルテレビの自主制作番組、各種CMに出演しております。

ラジオ番組

傾聴出羽ラジオ んだず!

エフエムNCVおきたまGO!にて、隔週月曜日20:30から「傾聴出羽ラジオ んだず!」をオンエア中です。サイマル放送で全国で聞くことができます。

上杉神社参拝

上杉神社参拝

週末や休日に、不定期で上杉神社を参拝し周辺を練り歩き、観光のお客様をおもてなししております。

グッズ制作

グッズ制作

愛の武将隊のロゴや武将を使用したオリジナルグッズ制作も承っております。
お気軽にご相談ください。

そのほか

そのほか

*スタンプラリーの対象施設(?)
*武将隊と行く!バスツアー企画
*結婚式・祝賀会などお祝いの席に!

出陣依頼・お問合せは

出陣依頼

出陣依頼

出陣や各種お問合せは、出陣依頼ページからお願いいたします。

スケジュール

出陣カレンダー

出陣カレンダーにスケジュールを掲載しております。

活動報告ブログ

やまがた愛の武将隊公式ブログ

やまがた愛の武将隊公式ブログにて日々の活動記録を綴っております。出陣の詳しい内容をご覧ください。

過去の記録

過去の記録

2018年6月以前のやまがた愛の武将隊公式webサイトと、公式ブログはこちらからご覧いただけます。

本日の出陣